危うし!流星号



夏の一括、そのツケはやってきた

流星号(Let'sNoteCF33)…それは、去年の暮に冬のナスボーを使って購入した、我が最愛のマシン。はじめて君に触れた、あの瞬間の感動を僕は今でも忘れてはいない。ああぁ、そうさっ、あれは運命の出会い。誰がなんと言おうと、(「あんたお金あんの?」「そんなもん必要ないでしょうがぁ。」)君と僕は、むすばれるのぉ〜!

と、思って買ってから早くも半年が過ぎようとしている。毎日のように持ち運び、今では鞄を選ぶのにも『流星号の入るヤツ』という具合。すっかり僕の生活の一部になっている。ところが、流星号を購入した時、「夏の一括ナスボー払い」で買っていたのである。ということは、今月7月は支払いの月。

1週間前、会社ではこんな発表があった。

会社側:「え〜、みなさんもお分かりの通り、今どこの会社も不景気でして…当社も当然のことながらその不景気の波をうけております。したがって、大変申し訳ないんですが、今回の賞与は前回の半分ということで…」

とんかつ3号:「へ?」

や、やばい…夏のナスボ一括払いなのにぃ…これじゃぁ、支払いに足りないじゃないか!

愛しい流星号を守る為、とんかつ3号は生活を切り詰めることに…。
どうなる?!流星号! どうするとんかつ3号ぉ!

(ってゆーか、飲みに行かなければいいのにという声もあるんだけどね。)