とんかつ3号オトナの体験 - 3



セクシービーム
さぁって、始まった!ステージ中央にいるエライべっぴんなねーチャンが、エライ色っぽい声で歌いよるぅ。あれがギラだ。曲中には、JAKEさんのギターソロ入りときた!すげい。
JAKEさん、コーラスもやっとんねんでぇ!カッチョええなぁ。(ニセ関西人風)

レストランの支配人(っぽい人)が気配り徹する中、演奏が続けられる。

ヴォーカルのギラはかなりイケてるオトナの女性。歌の途中にふりまく笑顔…。あんな目で、あんな声で、下唇をちょっと前に突き出してすねられた日にゃァ、世間の殿方はたまったもんじゃないねぇ。そんでもって、歌もエライうまい。

曲の合間にはギラのショートトークで一休み。

「MISTY MOON」
少しスローなテンポで、バラードっぽい?ギラのハスキーな声によく合っている。そんな音楽のが流れる中、何を呑んでも日本酒を呑んでいるように見えてしまうとんかつ3号も、必死で場に溶け込むように努力してみる。が、しかし、うかつだった…。頼んだ野菜スティックを食べる時、心の中では梅きゅうを食べていた。(汗)

ギラとJAKEさん「CRY MY LOVE」
「ダーリン、私の胸で泣いていいのよ。」という曲らしい。きっとギラにそんなことを言われたら、10人中10人のオトコが赤ん坊のごとくわーんわーん泣き崩れることだろう。そんなことを思いながら、ふと、あたりを見渡すと店内は満席となっていた。

そして、どっかで聞いたことのある曲。日本の曲らしい。ギラが英語の歌詞をつけたというこの曲。あとで、JAKEさんに聞くとするか。

この曲が終わったところで、第一部終了。


ふぅ〜ん、JAKEさんって有名人?

どうやら、このバンドではJAKEさんが一番有名らしい。ギラが「今日のお客さんのほとんどが、JAKEさんのファン」だと言っていた。(府中からいらした方もいるらしい。)

JAKEさんがファンの子たちと交流している間に、腹の減ったとんかつ3号は、スパゲティミートソースをパクつく。急いで休憩中に食わんといかん。と、そんなときでも余計な心配をしてしまうとんかつ3号
このミートソースをズボンにこぼして、「しまった!」と思った瞬間のリアクションで、手元にあるブラディー・マリーをこぼして、カウンターに「びちゃー」というような状態になって、もうパニックになって、そのついでに大事なデジカメまでも落としたりなんかしちゃって……という想像を一人でしてゾッとする。

スパゲティーを休憩中に食べおわって「ホッ」とする。

さぁ、第2部のはじまり、はじまり〜。



<<2ページ目へ戻る4ページ目へつづく>>