流星号はス・テ・キ


副会長は、やってしまった。はぁ〜。
ついに、衝動買いを・・・。だってだって、目の前に、この
かわいい「Let's note」がいるんだもん。
そう、だってこのタイトでキュートなバディーに、まぶし
いくらいのシルヴァなその装い。だっておもわず抱きしめ
てしまいたくなっちゃいますもんねぇ、ねぇ、ねぇ。

とこれじゃぁ衝動買いの言訳にもならいけど、私はこの
「CF-C33 8J」に一目惚れ。でもねぇ、このカメラがいらな
いんだよね。

キーボードの感触としは、男の指には小さいかも(?)もう、
人差し指・中指・薬指・小指の4本をぴったりくっつけなきゃ
ちゃんとキーが打てないような・・・σ(^-^;)


今となっちゃぁ・・・
でも、いーんだ、いーんだ。だって副会長は前からノートが
欲しかったんだもぉん。そうさ!一度でいいから電車の中で
キザにノートで情報とかをチェックしてるリーマンのオヤジの
まねをしてみたかったのらぁ。(←おばか風)
昔は、「なんなんだよ、あのオヤジたち。カッコつけちゃって、
本当はそんなに忙しくもないんだぜ。」なんて指差してたんだよね。
それが、今となっちゃぁ・・・(←昔を振返るオヤジ風)

それはさておき、副会長の「Let's note」(以後「流星号」と呼ぶ)
の初体験についてお話ししていきましょう。


96MBのRAM
98がプリインストールされてるので、自作でマシンを組み立てる
時のインストールのまどろっこしさはナシ。即、流星号を起動。
96MBのRAMは、固定なので増設はできないものの、どーせ
メールやインターネットを閲覧するくらいなので、そんなに必要って
訳でもないしぃ〜。(←コギャル風)

ってなもんで、早速必要ソフトのみをインストール。すると、今度は
自分流に流星号をカスタマイズ。Send Toフォルダの内容を増やしたり、
メモ帳トラッパを入れたりいろいろやるのがこれまた愉し。で、そうこう
してるうちに、やっぱり猫舌のページを常に更新していく為に自宅を
離れても、ページ作りからFTPができるようにと画像加工ソフトと
FTPクライアントをインストール。

これで、インストールは全て終了。で、容量残量をみると余裕の2GB。

副会長はもう、感動のビッグウェーブに押し流されて、もう岸からは見れない
遠くの方に・・・放心状態でゆ〜らゆら。

「もう、どうなってもいいの」(←トレンディドラマ風)

という訳で、流星号にどっぷりハマっている副会長でしたっ。

(つづく 次回は「モバイルのたくらみ」です。)